性器に感染するヘルペスから、その他の性感染症についてご説明します

  • ホーム
  • オーラルセックスで性器ヘルペスになるリスク

オーラルセックスで性器ヘルペスになるリスク

性病には、梅毒やHIV、性器ヘルペスなど、多種のものがあります。
この性器ヘルペスは、主として、性行為によって発症するものです。
たとえば、風邪のように、空気や飛沫を媒体としての感染はいたしません。
性交渉の相手の性器に出ていたものが感染したという経緯がほとんどです。
また、初期には自覚症状がないのも注意すべき点で、自分が感染していることを知らないで性行為を行って、パートナーに感染させるという例も少なくありません。

また、直接の性行為でなくても、オーラルセックスが原因で感染することもあります。
オーラルセックスとは、性器を口で愛撫する行為のことを指します。
このオーラルセックスをしたことによって、口唇ヘルペスのウイルスが相手の性器に感染する事例もあるのです。

性器ヘルペス感染の特徴は、若い女性に多いという点です。
梅毒が男性に多いのとは対照的です。
現在、性感染症の中でも増えていく傾向にあります。
これは、女性に対してフェラチオを求める男性が多くなったことも原因しているようです。
しかも、一度感染すると、完全にウイルスを身体の中から取り除くことができませんので、いつなんどき、再発するかわかりません。
疲労しているとき、大きなストレスを感じているとき、月経前のときなど、ウイルスが再び動き出す例は多く見られます。

もし性器ヘルペスに感染したら、治療が終わった後も再発のことを警戒して、性行為に関しても十分な注意が求められます。
コンドームが感染防御のために万全とは言えませんが、少なくとも、ないよりははるかに効果が期待できます。
男性もこの点をしっかり認識して、リスクの少ない性行為を心がけることが大事です。
また、パートナーと一緒に治療を受けることも心がけておくべき点です。

関連記事