性器に感染するヘルペスから、その他の性感染症についてご説明します

  • ホーム
  • ヘルペスを放置するとどうなるのか

ヘルペスを放置するとどうなるのか

心配している男性

ヘルペスとはウィルスによる感染症で、主に性行為によって感染してしまいます。
ヘルペスを放置するとどうなるかと言うと、ヘルペスの種類によって大きく異なります。
ヘルペスには2つの種類があり、ひとつは単純ヘルペスと呼ばれる物で、比較的症状が軽い場合がほとんどのようです。
治療せずに放置しても2週間くらいで自然に治ることがほとんどです。
治療には飲み薬と塗り薬があり、痒みを抑えることができます。

一方で帯状ヘルペスと言う種類がありますが、こちらは場合によっては重症化することもあるようです。
症状は感染して2,3日でヒリヒリした痛みが出て、その痛みが数ヶ月以上続くこともあるようです。
症状が顔に出た場合は聴覚障害を起こしたり、顔面神経痛になることもあるようなので、放置しないできちんと治療を受けることが大切です。
治療には抗ヘルペス剤の点滴と内服薬によっておこなわれ、2週間くらいでほとんどの場合は治るようです。

また、一度かかると二度かかることはほとんど無いのが特徴ですが、免疫機能が低下している場合には再び感染することもあるようです。
いずれにしても痛みや痒みなどの不快感に悩まされることになるので、出来るだけ早く治療するほうがいいでしょう。

関連記事