性器に感染するヘルペスから、その他の性感染症についてご説明します

  • ホーム
  • 性器に感染するヘルペスもある

性器に感染するヘルペスもある

困っている男性

ヘルペスというと口唇ヘルペスがまずあげられます。
口唇ヘルペスは唇や口の周りがむずむずとし始め、しばらくすると水泡ができます。
症状は2週間ほどで収まりますが、ストレスが原因とも言われています。
皮膚科にいくと治療用の塗り薬を処方されます。
これは単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因です。
性器に感染するヘルペスもあるといわれています。
これは同じ単純ヘルペスウイルスが原因で下半身に症状がでるものです。

症状としては、同じように水泡のようなものができそれが破れるとただれたような状態になって強い痛みも感じて排尿も困難になるほどです。
ヘルペスはもともと感染力の強いウイルスです。
それで原因も様々です。

まずはヘルペスの病変部との接触による感染です。
たとえ症状が出ていないときでも性器の皮膚や粘膜にもウイルスはあります。
それで感染してしまうのです。
性器ヘルペスでなくても口唇ヘルペスの症状がある場合も注意が必要です。
また母子感染もあります。

治療は飲み薬や軟膏が処方されます。
だいたいこちらも5~10日間の服用となっています。
重症の場合は入院をして点滴ということもあります。
一度治ったとしても再発の恐れがある病気です。

関連記事